基底層を平らな形から波形に戻すことは可能か?


皮膚は、「表皮」「真皮」といった異なった層が重なり立体的な形をとる複合構造体で、それぞれの層の間には境界面が存在しています。それが基底層です。基底層とは、表皮の下にある真皮と接合している層のこと。たがいに絡み合うように波形を描き、真皮から毛細血管を通じて栄養を吸い上げながら(ケラチノサイトが)細胞分裂を繰り返し、新しい皮膚を生成しています。

続きを読む

疑似キューティクルのための新素材


毛髪にはコルテックス領域の外側を守るキューティクルと呼ばれる領域があります。キューティクルは、毛髪に光沢を与えるとともに毛髪の内部構造を守るための外皮膜物質です。キューティクルは、毛髪の外側面に隙間なく張り巡らされていて、それがレンガや魚の鱗のように幾重にも積み重なることで毛髪を守っています。

続きを読む

君子危うきに近寄らず


安藤寿康さんの「能力はどのように遺伝するのか 「生まれつき」と「努力」のあいだ」という本を読みました。身長や体重や体質に遺伝の影響があることは誰もが知るところでありますが、「環境」も実は遺伝するのだとか。

続きを読む

白髪が黒髪に戻るとでも


自分の白髪を見るのが嫌で白髪を染めている、つまり、老けている自分を受け入れたくない、といった理由?で白髪染めをしている方が殆どだと思います。とはいえ、髪の毛は決まって生えてくるわけで、そうなると定期的に白髪染めをすること自体がとても面倒くさくなるわけです。

続きを読む

続 薄毛を治療する時代だからこそ起こること


前日のエントリーの続きです。
円形脱毛症とは違いAGA(男性型脱毛症)は厳密には病気とはいえないようですが、薄毛に悩みを抱えている方には切実な問題です。薄毛になると頭髪の量が減って地肌が見えてしまうのが特徴的です。実際には、毛髪の本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。

続きを読む

薄毛を治療する時代だからこそ起こること


薄毛や脱毛症は、毛周期の乱れや毛包などに何らかの異常が生じて頭髪が減る症状です。とくに脱毛症と呼ばれるものには、自己免疫、遺伝要素、ストレスなどが原因で起こる円形脱毛症や、ポニーテールなど頭髪を長期にわたり引っ張ることで誘導される機械的(外傷性)脱毛症など、様々なタイプがあります。

続きを読む

なるほどそうきたかという話


既に過ぎてしまいましたが、10月20日は「頭髪の日」、だったらしい。なので?ヘアケアメーカー(もちろんそれ以外の関連するところも)は、その日にちなんで自社の宣伝活動に余念がなかったわけであります。

続きを読む

消費者物価指数が上昇したらしい


消費者物価指数とは、消費者が日常的に購入する財・サービスの価格がどれくらい変動したかを示す指標のこと。基準年の全国の平均的な家計消費を100として、物価の変化によってどれだけ家計費に変化が生ずるかを知ることができる。消費者物価指数が上昇すれば、家庭の消費支出は増加し、収入が増加しなければ、生活は苦しくなる、とされている。

続きを読む

営業スキルを資産として残すって何?


帝国データバンクの調査によると、社長の平均年齢は毎年上がり続け、今や「60.4歳」だ。日本企業は緩やかに高齢化している。この点について営業戦略の観点で問題になるのは、社長と近い年齢で働いてきた、会社を支える敏腕営業が大量に離職していく問題である。社長年齢に近い社員とは、世代で言えば40代後半~60代の「バブル世代」になる。

続きを読む

どっちもどっち!?


私からして「こいつ、ホント何も考えてないなぁ」と思っている相手の口から、「あの人、ホント何も考えてなくてこまるんですよねぇ」と聞いたときに、これは一体どういう状況なのだろうかと思うことがしばしばございます。

続きを読む

喉が詰まるような感覚に悩まされるなど想像すらしなかった


人生100年時代なんて話になると必ずといっていいほど登場する言葉があります。「ピンピンコロリ」。これは、死ぬ直前まで元気で過ごし、病気で苦しんだり、介護を受けたりすることがないまま天寿を全うすることを意味する、らしい。

続きを読む

九州の人口と東京都の人口


100年に1度の変革期と称される長崎市ではいま、長崎駅周辺および市街地中心部で大規模な開発が行われています。そんな長崎市は、多くの歴史文化遺産や独特の異国情緒あふれる地として栄えてきました。しかしながら一方で、平成の大合併(2005年~2006年)以前より続いていた人口の減少は年々深刻化しております。

続きを読む

角層から顆粒層へ!?


表皮とは、身体のいちばん外側、まさに境界に位置する皮膚の層であります。表皮の厚みは平均すると1mmに満たない。にもかかわらず、表皮は皮膚のバリア機能をほぼ一手に引き受け、身体のほかの組織に比べると格段に多い有害な刺激にも耐えているわけであります。

続きを読む

仕事が出来ない社員がいる会社


今の時代、「与えられたことしかしない社員」しかいない会社は、もう社員を守ることなどできない、なんてことを耳にします。そして、与えられた仕事をこなしているだけでは、会社は間違いなく弱体化して巡り巡って自分(社員)の首が絞まることは言うまでもありません。

続きを読む

会社、従業員、顧客、それぞれに言えること


今年に入って、最初に読んだ本が『リンダ・グラットン「リデザイン・ワーク 新しい働き方」』でした。新型コロナウイルスのパンデミックがもたらした影響により各企業は大きな選択に直面しているとし、問われているのは、昔の働き方に再び戻るのか、それともこれをきっかけに仕事のあり方を根本から設計し直し、すべての人がやり甲斐と生産性と充実感を高められるようにするのか。

続きを読む

読書と運動


脳は、身体を活発に動かすとドーパミンを放出して気分が爽快になるようにプログラミングされている。それは、狩りが生存の可能性を増やすからだ。そのほか危険な猛獣から逃げたり、住みやすそうな場所を探したりすることも、生存の可能性を増やす。

続きを読む

自意識は妄想!?


先日のエントリー「仕事と人間性」で書いたことなのですが、私も以前は、「仕事が出来ない=ダメ人間」と捉えてしまい、憂鬱な日々を送っておりました。更には、会社では上司から「仕事が出来ないのは人間性の問題」なんて言われてしまえば、もうどうにもならないわけです。

続きを読む

トリートメントの技術としての実情


美容室専売品を展開しているメーカーにとって美容室の景気は生命線です。当然ながら美容室を勝たせるような商品でなければ全く意味がありません。そして、その先には美容室に来店するお客さんも勝たせなくてはなりません。

続きを読む

エステはエステでしかないと実感した話


「リーキーガット」をご存じでしょうか?これは腸の細胞に細かな穴が開いてしまう現象のことで、日本語では「腸管壁浸漏症候群」と呼びます。腸の粘膜をつなぐ結着細胞が壊れて、バリア機能が破れた状態を意味しています。

続きを読む

何事もほどほどに


ビジネス書の世界などでは、「人生はやるかやらないかだ」といったアドバイスをよく耳にします。だらだらと悩んで時間を費やすのではなく、とにかくスピーディーに行動を起こして効率と生産性を高めることの大事さを訴えた言葉ですが、下手に実践すると、メンタルの悪化につながります。『鈴木祐「YOUR TIME ユア・タイム」より』

続きを読む

時間の価値に異を唱えるつもりはありませんが


歴史を振り返ってみれば、人類が時間の最適化にこだわり始めたのは、18世紀ごろのことです。この時期、英国で起きた産業革命により、資本家は工場に何百人もの人々を同じ時間に集め、同じタイミングで仕事をさせる必要が発生します。その需要に応じて多くの時計に秒針がつけられ、労働者の時間はかつてない細やかさで管理されるようになりました。

続きを読む

仕事と人間性


ネットの記事で『「仕事の評価」と「人間としての価値」は別。』というものを読みました。内容はタイトルそのまま。でも、これって混同してしまっている人って多くないでしょうか?この記事では、仕事の評価を伝える際に、「仕事の評価」と「人間としての価値」は別であることを事前に告げるのと、告げないのとでは、大きく相手の反応は異なることが書かれてありました。

続きを読む

他人と比べても意味はないのだけれど


「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」。これはアドラー心理学の根底に流れる概念、だといいます。他人から(自分が)どのように見られているのか、どのように思われているのか、ばかり気になって悶々となっている状況は誰にでも当てはまるのではないでしょうかね!?

続きを読む

既存顧客に依存したツケ


私が今働いている会社で営業マンとしてスタートしたとき、「顧客は会社から与えられるものではなく自分自身で獲得するものである」と言われ、入社当初は新規飛び込みセールスの毎日でありました。既に20年以上前の話なのですが、当時はそれなりに社員もいて、殆どの社員が新規飛び込みを行っておりました。

続きを読む

インプットとアウトプットで思うこと


何かの物事を理解するには理解するための何かが必要となります。その何かとは、雑に言えば知識、教養といったところでしょう。なので、前提として先に、知識、教養が入っていなければ理解はできません。しかし、「自分が理解できない」ことは「理解できる」はずなので、それを機に理解できるために知識、教養を入れることはできるでしょう。

続きを読む

10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反


ステルスマーケティングとは、広告であることを隠して宣伝する行為のこと。最近では、企業などが依頼したにもかかわらず、ネットで影響力のあるインフルエンサーなどが個人の感想をよそおってSNSで宣伝するなどの行為が問題になっていました。そこで、消費者庁は、ステルスマーケティングを景品表示法で禁止されている「不当表示」に指定し、10月1日から規制が始まりました。

続きを読む

美容に対する消費としての美容室の位置づけ


可処分所得とは、収入のうち、税金や社会保険料などを除いた所得で、自分で自由に使える手取り収入のこと(ネットから引用しました)。で、この可処分所得とやらが、ここ数ヶ月以上も増えてないならまだしも、減り続けているんだとか・・・

続きを読む

人生前半と後半では知能が違うらしい


アーサー・C・ブルックス「人生後半の戦略書:強さから強さへ(From Strength to Strength)」って本を読みました。本書はだいたい50歳を過ぎた人に向けて書かれております。人生前半と人生後半では知性の種類が変わるのでその使いどころを誤ると、成功した人であっても不幸になるかもって内容となっております。

続きを読む

供給過剰な理美容室は何に取り組むべき?


世の中にあるモノやサービスの価格帯ってありますよね。大体この辺りに落ち着くって感じのもの。幅が広いものもあれば狭いものもあります。例えばですが、理美容室のカットの価格帯は均一ではありません。1000円カット(専門店)があると思えば、10000円もあったりします。

続きを読む