そもそも濃厚接触者って何?


5月上旬、長崎市の理容室でクラスターが確認されました。美容室ではなく理容室で。感染の経緯は、理容室の従業員の“休憩場所”で感染が広がったものでした。そこから利用客にも感染が疑われたわけですが、その後利用客が感染していたかどうかはよく分かりません。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





私は美容室を営業で回るのですが、理容室からのクラスター発生ということで、美容室でもかなり“ざわついて”おりました。

利用者からすれば美容室であろうが理容室であろが、理美容室でコロナに感染しやすいというイメージを植え付けるには十分なニュースだったように思います。

実際には、理美容室だからコロナに感染しやすいということではなくて、感染リスクの高まる場所でしかありません。

理美容室自体が感染を起こす場所ではなく、あくまでも3密となって感染リスクが高まるということ。なので、適切なコロナ感染症対策を講じていれば限りなく感染は防止できる。

但し、絶対はありえないので、感染することももちろんあります。

いつまでも続く感染者数の報告ですが、今度は美容室でクラスター発生のようです。


【新型コロナ詳報】千葉県内74人感染 市原の美容室でクラスター

千葉県内で22日、74人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した。80人を下回ったのは12日以来。21日からまん延防止等重点措置が適用された市原市内の美容室でクラスター(感染者集団)が発生した。

県は48人の感染を発表した。市原市の美容室「air」で10代~20代女性従業員3人の陽性が判明。同店の感染者は累計5人となり、新規クラスターと確認された。同市内で6月に発生したクラスターは3件目。全従業員13人を対象に検査を進めている。接客中はマスクを着用していたため、来店客に濃厚接触者はいないという。(後略)


以上引用。



この記事の接客中はマスクを着用していたため、来店客に濃厚接触者はいないというという部分ですが、これってどういうことなのでしょうか?

あまり深く考えたことはなかったのですが、そもそも濃厚接触者ってどうやって決めているのでしょうか。

ということで検索してみました。


濃厚接触者について国⽴感染症研究所の定義は以下になります。

● 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等)があった者

● 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護もしくは介護していた者

● 患者(確定例)の気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

● その他:手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策無しで、患者(確定例)と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。




なにをもって線引きしているのかはよく分かりませんが、今回の美容室では濃厚接触者はいないというのですからいないのでしょう。

美容組合のガイドラインによれば、美容師のマスク着用は当然として、利用者にもマスク着用を促すように、となっているので、ガイドラインを守っているところでは、仮に美容師が感染していたとしても利用者は濃厚接触者とはならないのかもしれません。

でもそうなると、マスク着用さえしておけばいいのか?という発想にもつながるような・・・


まあ、そんなことよりも感染していないことがなによりなのですが。





マルクス・ガブリエル「つながり過ぎた世界の先に」




適菜収「コロナと無責任な人たち」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
貼るマスクを用意するというちょっとした気遣い

美容室向け新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

続 美容室向け新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

コメント

非公開コメント