話し上手と話し好きは違う


ある程度営業の仕事にも慣れだした頃、相手と話をしているときに、「全然話を聞いていないなぁ」という雰囲気というか態度というか、それらを何となく掴めるようになってきました。それまでは周りが全然見えていなくて、相手の状況など無視して一方的に話すか、または相手から一方的に話されて終わっていました。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





こちらが話をしているときであっても相手の表情や態度で何も聞いていない人がいたり、または、自分の話をするために聞いたフリをする人もいるということが営業をするようになって初めて経験することでした。

普段は何気なく会話をしているのですが、いざ営業で話すとなると、話すことと聞くことがこれほどまでに難しいのかと思い知らされました。


よく私が教わったのが、「話し上手と話し好きは違う」ということでした


ここについては多分ですが、殆どの人が捉え違いをしているでしょうし、自分のことを話し好きだとも捉えていないでしょう。

基本的に人間は、自分の話しを誰かに聞いてもらいたいように出来ているらしいので、話し好きではない人間はいないのかもしれませんね。

話し好きとは、相手がどのような反応を示そうが一方的に話しを進めるだけです。なので、こちら側としては、「早く話し終わらないかなぁ」と思って黙って聞くだけ。

話し上手は、相手はその人がする話しを聞き漏らすまいといつの間にか引き込まれていくもの


話し上手も話し好きも「聞く」を出来ているかどうかが分かれ目となるのだろうと思います。

先程、人間は自分の話しを聞いてもらいたいと書きましたが、その一方では、自分の話しをいつも聞いてくれる(表面的ではなく心から)人間の話しを聞くようになっているようです。

話し好きは人がする話しを表面的にしか聞かない、聞けないのです。逆に、話し上手は、実は話しが上手いとかではなく、聞くことが上手いわけです。

つまり、話しを聞かない、聞けない人に話し上手はいないということ。もっといえば、話し上手は聞き上手

以上のようなことは理屈で聞くと分かるのですが、それを営業の現場で実践するとなるととにかく難しい。

営業の現場だけで実践しようとしても日常生活レベルで聞かない、聞けないが身に付いている(習慣)ならば、そこから見直していかなければ、話し上手で聞き上手を身に付けることは、まず無理だと思います。

話すや聞くという誰でも出来る能力だからこそ磨きをかけていくのは非常に難しく、意識して取り組まなければ、いくら方法論を教わったからといって出来るものではありません。

以下は、その典型的な内容かと思います。


「なんかあの人…」嫌われる人がやりがちな“話し方”の7つの共通点

①「4Dワード」を連発する人

「でも」「だって」「どうせ」「ダメ」
これら4Dワードを、よく口にする人は嫌われます。


②つっこんだ男女関係や、下ネタを話す人

ここでいう、つっこんだ男女関係とは、「自分がいかに遊んでいるか」という話のことです。


③お笑い芸人の真似事をする人

「オチがない」と人を責める、いじる、勝手にボケてツッコミを求める……。


④話をまとめてしまう人

コミュニケーションにも、洋服と同じく「TPO」があります。


⑤相手の話を奪う人

初対面の人と会話するとき、共通点があると、話が盛り上がることがあります。


⑥すぐになれなれしい口をきく人

知り合って間もないのに、急にあだ名で呼んだり、呼び捨てにしたり、タメ口をきいたりする人。


⑦負け惜しみを言う人

人には生来、自分と他者を比べる習性があります。


以上引用。



①~⑦を見て、確かにそういう人と話すのは嫌ですね。しかし、それを自分がやっているとは思わないのもまた事実かと。

なので、このような方法論はいくらでも存在しますが、とくに営業の現場では実践経験から身に付いた習慣が大きく影響するのだろうと思います。

とはいっても方法論自体を否定するつもりはなくて、それを知っているか知らないかでは営業での結果も違うこともあるでしょう。

なので、方法論というのは耳障りが非常に良いものですが、それを実践に移行できなければ何の価値も生み出せないのです。


営業マンであれば、まずは自分の話し方、聞き方を冷静かつ客観的に見直すことを定期的に行った方がいいかもしれません。





「言葉の力」




永松茂久「言葉は現実化する」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
営業では「いかに聴かせるか」を意識する

営業において魔法の一言は存在するのか?

営業マンとして生き残るためには?

コメント

非公開コメント