ダメになってもダメだしダメにさせてもダメ


現在、働き方改革やコロナ禍で、職場の環境は大きく変化しているそうです。うちの会社では、そこに後継者の問題も重なっており、いい意味で会社が新しく生まれ変わろうとしています。もちろん、それに伴い、その変化に上手く対応しきれていない、というよりは変化の自覚すらない社員の存在も明らかになりつつあります。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





私も管理職といえば管理職なのですが、以下の記事を読んで、他も一緒なのかと少しばかり(悪い意味で)ホッとした次第でした。


「実務の成果」で管理職を選ぶ日本の職場の大問題

(前略)働き方改革で残業に対する規制がより厳しくなった今、管理職が頭をかかえる大きな問題があります。それは「管理職が労働時間の削減に関するしわ寄せを一手に受けている」ということです。

本来、労働時間を削減するためには、「仕事のやり方を改善して生産性を高める」「スタッフを育成して生産性を高める」といったプロセスが必要です。しかし、現状では「早く帰れ」「残業するな」「有給休暇を消化しろ」といった声かけだけをするケースが散見されます。

結果として、仕事ができない人を育てたり、仕事ができない人に仕事を任せたりすると、時間がかかったりミスをしたりするので、管理職や仕事のできる人に仕事が集中してしまいます。そうすることで、仕事のできない人は「本人ができる仕事」しか与えらないため、「自分は仕事ができる」のだと勘違いしているケースもあります

さらに、「管理職は誰よりも残業をし、休日を返上して働くのが美学」「教育指導は背中で語るものだ」といった精神論が残る職場では、マネジメントどころか管理職本人がダウンしてしまうという問題が起こりかねません。

このような状態ですから、管理職は十分にスタッフを教育することが難しいというのが実態なのです。しかも、会社と部下の板挟みになって日々孤軍奮闘している管理職の悩みに関心を持ち助けてくれる人はいないため、管理職の中には、毎日顔色が悪かったり、職場で不満を口にしたりする人がいるというわけです。(後略)


以上引用。


仕事のできない人は「本人ができる仕事」しか与えらないため、「自分は仕事ができる」のだと勘違いしているケースもあります。

まさしくこれで、うちの会社は、非常に今、厄介な状態に陥っているように思います。

で、どこもそうだと思うのですが、大体が「うちは特別」だとか「特殊なケース」と思い込んでいたりします。

実際は、そんなことなどなく、どこも似たような状況が生まれていて、どこにでもダメな社員はいるし、逆に仕事が出来る人もいる

ただ、そうだとはいえ、客観的にみても悪い状況ならば改善する必要はあります。仕事が出来ない人を放置してもよくないし。

では何故、このような状況が生まれるのかといえば、記事の後半でも指摘していましたが、管理職がうまく機能していない。もちろん、それが全てだとは思いませんがね。

ダメをダメなままに放置もダメだし、ダメのままでいるのもよくないし、ダメにさせてもよくありません

ダメなのは社員個人の問題であると同時に、ダメにさせる会社側にも問題があると思います。

だからこその管理職なのでしょうけれども。

2019年5月1日から元号が平成から令和に変わりました。

その当時、私はブログで「替えの効かない」人材を目指すべき、というような内容をよく書いておりました。

今思えば、これも何となく微妙な感じすらあります。確かに、いち個人としてはアリでしょうけれども、会社側からすると「替えの効かない」人材ばかりでは困りますよね。

その人が一人抜けただけで回らない仕事っていうのも会社としては考えものですから。

会社として特殊な人材でしか成り立たないような仕事の回し方では、いずれ無理が生じるわけですから、そこを仕組化することが最大の課題ともいえます。

これもどこだって似た状況でしょう。うちの会社にしても、「替えの効かない」人材にばかり頼り切った状況で、結果、あらゆる問題が起こっています。

仕事が出来ない人を育てたり、管理職や仕事の出来る人に仕事が集中していたり、仕事の出来ない人が「自分は仕事が出来る」と勘違いを起こしたりと、中々大変な状況です。しかも、コロナ禍。

とはいえ、やるべき課題は明確なのでそこを一つ一つ地道に取り組むしかないのだろうと思っています。





岡本裕一朗「いま世界の哲学者が考えていること」




マイケル・サンデル「実力も運のうち 能力主義は正義か?」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
仕事を増やすが善であり仕事を減らすが悪に陥っていた私

うちの会社でも”仕事ぶり”が炙りだされていて非常に面白い

コロナによって強引に課題に向き合わされた私

コメント

非公開コメント