たまたまという要素


私の会社は小さなある美容メーカーですが、扱っている商品が所謂美容室専売品というやつでして、美容室限定で商品を卸しています。ということは、美容室での売れ行きがそのままうちの会社の売れ行きともなるので、なんとも分かりやすい構造になっています。当然ながら、美容室もコロナ禍で苦境に立たされているので、うちの会社も苦境に立たされているわけです。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





コロナ禍における美容室の状況を一軒ずつ丁寧に見ていくと、それはそれでかなり状況は異なります。

雑にいえば、コロナの影響が限定的(影響が全く無いはあり得ないので)なところと、もろに影響を受けているところ。

まあ、影響を受けているとはいえ、それがホントにコロナの影響なのかどうかは言い切れないのが実のところだと思います。

つまり、因果関係があるかと問われれば、そうかもしれないという程度と思ってもらっていいと思います。

「コロナの影響といっていれば済まされる」範囲が、どこまで許容されるかみたいなものかなと。


では、そもそも影響って何かな?というと分かるようで分からない部分も多々あって、だからそこはちゃんと整理しなければならないと思うわけです。

原因(どのような影響か)が不明確ならば、対策をしようがありません。

美容室という看板は同じかもしれませんが、どのように経営をしているか、どのような営業をしているか、どのような技術を展開しているか、技術料金は、スタッフはいるのか、多店舗展開しているのか、等々、こういったことは挙げると切りがありません。

なので、全部が全部同じ影響というわけがありません。


ただ、それでも一つだけいえるのは、美容室がそれぞれに抱える客層とどこから来店しているかはあるのかなと思います。

美容室を営業で回っていると、明らかに客層のターゲットを絞り込んで集客をしている美容室はそう多くないように感じます。

大体がそこで働く美容師の年齢のプラスマイナス10歳前後でお客の多くが占められているのではないかと思います(あくまでも主観です)。


これとは全く別の話になってしまいますが、コロナ以前ならばあまり気にもしなかったのですが、セット面をパーテンションのようなもので区切っている美容室がありました。

この美容室に「これってコロナというかこんなこともあると予測していたのですか?」と聞いたところ、返事は、「全く(予測などしていない)」でした。

つまり、”たまたま”ってやつです

この美容室は、もちろん、それ以外の感染症対策はしているのですが、何となく初めからそのような感じのお店の雰囲気があって、どうやらコロナの影響は限定的だったようです。


で、これを客層の話に還元してみると、たまたま影響を受けにくい客層ってあったと思います。その一つが、地域密着型美容室。

遠くから、わざわざ来店していたお客は、やはりコロナで来店を控えるようになった。

遠くからも来店するようなお店だったのが、それが仇となった感じなんでしょうかね!?


繰り返しますが、”たまたま”そうなったというのは、時として吉とも凶ともでるもの。


無論、あらゆる美容室が日々、コロナ禍を生き抜くために必死に努力して営業しているはずです。

そこは当然としても、ただ、このような”たまたま”そうなったという要素は、店舗運営のみならず会社でも外せない要素だなぁとつくづく思うわけです。





岡本裕一朗「いま世界の哲学者が考えていること」




マイケル・サンデル「実力も運のうち 能力主義は正義か?」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
移動の制限を踏まえた上での店舗運営を考えてみた

コロナ禍で把握すべきは何か?

続 コロナ禍で把握すべきは何か?

コメント

非公開コメント