2021 改めて再来店させる3つのポイントとは


前日のエントリーで、美容室の再来店を決めるポイントはお客の感覚(直感)であり、後から理屈で納得(正当化)させているのでは?とまとめてみました。今回は、感覚の部分ではなく理屈で納得できる部分とは何か、について取り上げてみようと思います。ところが、2019年11月20日のエントリー「再来店させる3つのポイント」で既に再来店については取り上げていたので、今回はそのエントリーを一部加筆修正して再掲載させて頂きます。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





『再来店させる3つのポイント』


美容室経営は、「集客と失客の問題」をいかに解き続けるかに尽きると思います。今では、多くの美容室がホームページ、ブログ、SNSを利用して様々な情報を発信しています。その目的は、集客するためです。

ホームページ、ブログ、SNSを見た方が来店し、再来店もしてくれて、更に、口コミまでしてくれて、紹介客も増えてくれれば、こんなにいいことはありませんが、現実には、そうそう上手くはいきません。

集客手段として、ホットペッパービューティーとはじめとする所謂予約サイトを利用する美容室も多いでしょう。

利用を否定するつもりはありませんが、予約サイトに限らず、クーポンやフリーペーパー、割引チラシなどを使っての集客は、「諸刃の剣」であることを十分に理解してからでもいいと思います。

つまり、「クーポンハンター」という言葉もあるように、予約サイトを見て来店する方は、“値引きが魅力”であり、お店の何かではなくお得感で来店するわけです。

だから、他に“安い”美容室があれば、定着せず簡単に乗り換えてしまうでしょう。

予約サイトを利用している美容室に「諸刃の剣」的な話をすると決まって言い返されるのが、「その中でも定着する人もいるから」というもの。

確かにそうでしょう。しかしながら、やはりこの手での集客による定着は、長く続かず、予約サイトの依存度も高まり、経費がかさんでいく悪循環を繰り返していきます。

依存を脱却しなければ、お店の経営は安定せず、予約サイトにわざわざ高い金を永遠に払い続けることになるでしょう!?

巷では「ホットペッパー税」などと揶揄されているようですが・・・


では、再来店してくれる方は、何を基準に美容室を選んでいるのでしょうか?

人それぞれに価値観が違うので何とも言えませんが、ここでは基準となる3つを取り上げてみます(あらゆるところで語られていることなので、とくに目新しいことはありません)。


1.価格

2.人間性・人柄

3.ブランド力



1.価格について
お客がお得だとか魅力的に感じる価格。安さに魅力を感じる人もいれば、高いからこそ価値があると思う人だっています。

但し、同じようなモノやサービスであれば安い方に消費者は流れる傾向を押さえつつ、価格は周りに左右されず自分で決めるしかありません


2.人間性・人柄
美容室選びで重視するのは「接客態度」です。再来店するお客がこの部分を見るのはいうまでもありません。

とはいえ、人間性・人柄ほど曖昧なものもありませんし、人それぞれに感じ方も違いますので、つまりは、「合うか合わないか」という「相性の問題」だと思います。

態度とは即ち「雰囲気」であり、雰囲気とは「笑顔」ではないでしょうか!?まずは、自分自身の表情をチェックするといいでしょう。


3.ブランド力
これは「高級ブティックや高級ブランド品だったら間違いない!」と判断するタイプの人です。


「この美容室だったら間違いなく悩みを解決してくれる」
「あの方が通っている美容室だから間違いない」
「定評のある美容室だから」


といった基準で美容室を選ぶ人は、すでに初めからお店を信用しています。だから、再来店しやすいともいえます。

実際には、この3つの組み合わせによって、再来店するかどうかを判断しているのではないでしょうか。





ジョセフ・シュガーマン「シュガーマンのマーケティング30の法則」お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
感覚で買い理屈で納得(正当化)する

常連客は何を重視する?

顧客満足には何が必要か

コメント

非公開コメント