予約を入れる行為にストレスを感じる私


今では予約サイトの存在を無視できなくなってしまった美容室ですが、どうなんでしょうか、世間的には予約を入れて美容室に通うのは定番化しているのでしょうか?いわゆる世代間によって違いはあるものの、多くは事前予約によって来店していることでしょう。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





たまに美容室で談笑していると予約らしき電話が入るのですが、その際「今空いているか?」を聞かれている場面に遭遇することがあります。

美容室を何かのイベントとして捉えている方もいるかもしれませんが、私の勝手な想像ですが多くは、思い立った時にやってもらいたいと思っているはずです。ですから「今空いているか?」の気持ちがすごく分かります。

そこで空いていればよいのですが、空いていなければ他に行くかもしれませんが、先延ばしにする人も多いのではないでしょうか。

私も一応予約を入れて美容室に客として通っておりますが、正直この「予約を入れる」という行為がたまらなくストレスを感じます

一週間前とか早い人で一ヶ月前から予約を入れる人もいるかもしれません。ただ、私だけかもしれませんが、その日が迫ってくるとなんとなく行くのが面倒だなと感じてしまうのです。その日が雨だったりすると最悪です。

なのでふらっと立ち寄って、その場でやってもらうのが私の理想です。


理美容店は予約キャンしやすいサービス3位

予約のキャンセルは理美容店にとっても迷惑だが、キャンセルしやすいサービスとそうでないサービスがある。

「予約ラボ」(運営・リザーブリンク)が、予約キャンセルに関するアンケート調査を行い、2022年2月にその結果を発表した。

「予約キャンセルをしやすいサービス」のトップ3は
①「飲食店(居酒屋・レストラン・個室)」(26.7%)
②「病院・クリニック(歯科・内科・小児科・耳鼻科など)」(23.9%)
③「理容・美容室」(21.9%)
以下、「不動産展示会・内覧会」「駐車場など」「公共施設」「送迎サービス」「ウエディング関連」と続く。

一方、「予約キャンセルすると気まずいサービス」で、理美容店は6位(30.9%)で、前回(2015年)調査の16.8%から大幅に増えた。
どのサービスも「気まずい」が上回っていて、予約客はキャンセルするのは気まずく感じている。

キャンセルの理由は、仕事などのスケジュールの都合によるものが大半だが、なかには「他の店に決めたため」(16.8%)や「予約を忘れた」(7.7%)もある。

同調査は、2015年にも実施しており、「予約ラボ」では、今回の調査では、前回に比べて、予約キャンセルの際に店舗側の事情を気にする回答が増えていたことが注目されます。無断キャンセル防止対策などが施されているといった事情も考えられますが、やはりコロナ禍において、店舗側が損害を被らないように配慮する人が増えたということも背景にあると考えられます。
と分析している。(後略)


以上引用。


予約キャンセルするのが「気まずい」サービス 3位「病院、クリニック」2位「宿泊施設」…1位は?


なんとも微妙な記事ですが、そもそも「予約キャンセルをしやすいサービス」という括りもどうかと思いますがね。

とはいえ、このような結果からも予約をいかにキャンセルさせないか、という取り組みが必要だということなのでしょう。

ただ、支払う金額によって予約の有無があると思うので必要以上に予約をさせることにこだわるのも考えものです。

予約が必要なサービスと予約を必要と感じる金額とのバランスの問題だと思います。





堀江貴文「最大化の超習慣」




堤未果「デジタル・ファシズム:日本の資産と主権が消える」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
予約が必要かどうかは価格次第なのでは!?

予約サイトは美容室の可視化

コメント

非公開コメント