コミュニケーションとコミュニケーション能力で考えること


多くの職業でコミュニケーション能力が問われるていると感じる私ですが、営業なんかはまさしくそうでコミュニケーションなくして成り立たない仕事であるといっても過言ではありません。コロナ禍によって社会の機械化・自動化が進むことになったわけですが、それは人間がわざわざやる必要のな仕事が増えたことを意味するわけです。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





ある仕事において人間がやるのが当たり前という考え方から機械でも大丈夫という考え方が出てきたように、今はまだ人間がやっている仕事でも将来的には機械が代替する流れがあります。

例えば、改札機。これも以前は、人間が切符を切っていたわけです。余談ですが、改札機ですら時代遅れとなりスマホで可能になることを誰が考えたでしょうか?機械化からの更なる機械化ってやつでしょうか。

どんどん便利になっているわけですが、コミュニケーションに関してはそう簡単に機械化・自動化・AI化とはいかないでしょう。いずれどうなるかはわかりませんが。

で、人間が仕事をするということはある意味では、コミュニケーションを必要とする、必要とされることだと思うのです。

なので、人間が行うコミュニケーションの価値は高まっていくことでしょうし、コミュニケーション能力を身に付けることは必須条件ではないかと。

人間がやるにも関わらず、コミュニケーションを排除した仕事の価値は逆に低くなるでしょうし最低限の賃金で働くしかないだろうと思います。

ちょっと前に、ある美容室の「会話なし」メニューが話題となりましたが、これってコミュニケーションを相手から望まれていないってことですよね?

相手の表情や態度からどのように接していけばいいのかを考えることを放棄してメニュー化しているわけですが、私にはちょっとした笑えないジョークでしかありません。

相手の声のトーンだったり質だったり、表情、態度を読みとり、どのように立ち振る舞うべきかを考えること、そして実行することこそがコミュニケーション能力なわけですが、美容室でコミュニケーションを排除することの意味は果たして分かっているのかなぁと余計なお世話かもしれませんがついつい考えてしまいます。

先日もある美容師の方が、「最初からコミュニケーションを取ろうとしないお客さんがいて困る」みたなことをいっておりました。

もちろん、私も営業マンですからその気持ちよく分かるのですが、一方ではそうさせないようにするのもコミュニケーション能力でもあるわけです。

私は、美容室の仕事はどこまでいっても技術だとは思っておりますが、同時にそれをいかに売り込み、いかに気に入ってもらうかという営業マン的な仕事、つまり、コミュニケーション能力は非常に要求されると考えております。

結果、コミュニケーション能力に長けている美容室(美容師)は、いわゆる繁盛店ではないのかなと。

営業マンも美容室もコミュニケーション能力の重要性に気づき、そして身に付けることは、コロナを経験した私たちにとって必須の課題だといえそうです。





三戸政和「営業はいらない」




堀江貴文「僕たちはもう働かなくていい」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
話題の「会話なし」メニューで思うこと

続 話題の「会話なし」メニューで思うこと

コメント

非公開コメント