会話に登場する横文字とカタカナ


営業では相手がちゃんと理解できる言葉を使って話を進めていかなければ決まるものも決まりません。私はある美容メーカーの営業マンですが、商品(美容材料)に関する説明をする際にどうしても専門用語を使わざるを得ない場合があります。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





専門用語は、当たり前ですが普段生きている上では必要ともしないし使わないものばかりです。なので、横文字、カタカナ的な言い回しと比較にならないほど全く伝わりません。

とくに文脈とは関係ありませんが、「恒常性(ホメオスタシス)」と聞いて、「ハイハイ、恒常性ね」とくる人は殆どいないということです。

とはいえ、専門用語はやはり必要であり、それが誰にでも分かるようにしておくこと(嚙み砕いて説明できる)も営業マンとしてはそれこそ必要なスキルなのではないかと思う次第です。

でも以下は、専門用語でもないのでちょっと馬鹿馬鹿しいかなと。


アンフォーチュネートリー伝わらへん! デキる上司も使ってる「危険な」英語


「リスクヘッジのために投資先を増やす」、「現状についてフラットに考えると...」、「クライアントにヒアリングをする」.......。

実はどれも海外では通じにくい和製英語だ。リスク回避を表す「リスクヘッジ」は海外では使われない表現であり、英語がネイティブの友人によると「risk aversion(aversionは「嫌悪」といった意味)」が正しい言葉だという。また、「フラット」は、土地の形状や物質の構造にデコボコがないとか、だるい、平凡な、といったニュアンスでは使っても、考え方や視点に格差がないといった意味で使うことはまずないそうだ。また、顧客の意見や考えについて聞くことを示す「ヒアリング」も、海外では「listen to client」という。「hear」は「無意識に耳に入ってくる」というニュアンスがあるため、意識的に聞く姿勢を示す「listen」が正しいのである。

なぜ、日本のビジネスの会話ではこんなにも「横文字」が多いのか。全て日本語を使って話した方がより具体的に説明できるにもかかわらずだ。(後略)


以上引用。


”やった感” (記事では賢くみせる)を出す言葉を使うのは論外として、私は意図的に使う言葉というものがあります。

前述の専門用語ではありませんが、その言葉を私が使ったとして相手の反応を敢えて観ることがあります。

まあ、「それってあなたの驕りではないの?」という指摘は否定しませんが、営業の仕事では相手が知らないこと、知っていることを踏まえて話を進めなければホント面倒なんです。

記事にもありましたが、自分が知らないことを素直にその場で「知らないから教えて」と言える人などあまりいません。

私にしても正直なところ、知らない言葉が出れば聞くこともあれば聞かないときもあるし、文脈から想像して当てを付けるときもある。

私としては、出来る人ほど横文字、カタカナではなく、そもそもの日本語の語彙力がある印象です。





「学問のすすめ 現代語訳」




「言葉の力」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント