20年かかってやっと分かったこと


営業マンは数字を出してナンボですが、売上げを上げることだけが仕事ではありません。売ったならば必ず回収しなければなりません。私はかつての上司から売上を上げることは当然として、それ以上に回収について徹底的に指導を受けていました。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





とくに美容ディーラーの営業マンにとって回収は悩ましい問題なのではないでしょうかね!?

今では、大手美容ディーラーともなれば回収に関しては、集金ではなく銀行引き落としとなっているようですが、全国にはまだまだ大小様々な美容ディーラーが存在しているので普通に集金をしているのではないでしょうか。

私の会社では、基本的には回収は集金ではなく振込みをお願いしております(残念?ながら銀行引き落としではございません)。

集金、振込み、引き落とし、いずれにしても全ては形の問題なので、回収がきちんと出来れば問題ありません。こういった形は今後も変化していくでしょうけれども、回収は必ずしなければなりません。

冒頭に書いたように、何故、回収を徹底指導されたのか?

それは、平気で払わない、期日を守らないがあるからです。

美容業界全体がどうだとか美容室がどうだとかはよくわかりませんが、実際に払わない、期日を守らない方が私の会社の顧客にも存在します。

で、20年以上美容室と携わってきて、というか美容室というよりもオーナーですね、色んな人と付き合ってきましたが、キチンと払う人は払うし、払わない人というかルーズな人はずっとルーズなままです。

一時期は、ルーズがルールにならないようにルールをちゃんと守るようにと何かと取り組んでみましたが、一瞬はちゃんと守るようになるのですが、基本的にはルーズがルール。

で、誰がどのように考えても分かるのですが、ルーズがルールのオーナーのところが上手くいくはずがないんです。一時期は確かに忙しかったかもしれませんが。

でも、普通にちゃんと守るところは、そんな乱高下もなくちゃんと商売として成立しています。

ルールが全てとはいいませんが、ルールを守っていくことは最低限だとは思うのですが、それがきちんと出来ることは意外に難しいものです。

「過去と他人は変えられない」とはよくいったもので、こちらがいくら必死になって取り組んだところで変わらないものは変わりません。

現段階の結論として、ルールを守らない、守りきれないところとは付き合わないことがベストだということです。

「そんなことなど初めから分かっているだろ」といわれそうですが、お恥ずかしい話ですが20年かかってやっと分かった私です。





マルクス・ガブリエル「わかりあえない他者と生きる」




「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント