企業のSNS運用について


SNSの登場以来、消費者と企業の関係は一変しました。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌から消費者は、ただ向こうからこちらへ流れてくる情報を受け入れるだけだったものが、消費者側から能動的に情報を選択できるようになりました。消費者がSNS上でどの企業を選択(フォロー)するか。企業側もどこまで消費者と個別に付き合うのか。双方が自由な選択が用意されているのが現代であります。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





ということでありまして、企業のSNS運用は今では当たり前?となっている感はあります。


企業のSNS運用 課題上位は「時間と手間」

デジタルマーケティング支援のニュートラルワークスが企業の公式SNSアカウント運用の意識調査をしたところ、体制・運用下での課題で最も多いのが「企画に時間や手間がかかる」で半数近くに上り、次いで「実施に時間や手間がかかる」など、運用の労力に悩まされているのがわかる。

企画に関しての対応策に挙げられたのは、「チーム内外より企画を募り、投稿ネタを作る」「(企画を)複数用意してストックしておくようにする」「社内外アンケートをとる」などで、協力先を広げて準備を進めるのが有用のようだ。実施に向けては「業務の一環として行うように意識する」の回答が示すように、SNS運用が必要業務に見られにくい環境も見受けられる。また「画像や投稿文の作成はインフルエンサーに行ってもらう」など外部を活用することで効率化を図るケースも見られる。

ちなみに公式アカウントとして最も力を入れて運用しているプラットフォームの回答は上位からインスタグラム35.9%、ツイッター19%、フェイスブック16.5%、ユーチューブ13%、LINE12.1%だった。

■「企業の公式SNSアカウント運用に関する意識調査」 SNS運用担当者へのインターネット調査での231人の回答


以上引用。


どうやら企業の公式SNSアカウント運用は非常にコスパが悪そうですね。

民間企業はどこまでいっても利益の追求なので、利益が出ないとなると撤退するもの。ある程度の余力が企業にないと記事にある「時間と手間」なんてかけられないでしょう。

どういった企業を対象にしたアンケートかは分かりませんが、コロナ禍となって必要に迫られてSNS運用をはじめた企業もあるでしょうけれど、そもそもSNSって世界の情報を流通させるもので、消費者から巨大なその流れの中から一つの企業を見つけてもらうのってどうなんでしょうか?

最高に難しくないですかね?

なので「時間と手間」をかければ済む問題ではないような。


話は逸れますが、地方の美容室が、自分の住む場所ではなく、世界を相手に一生懸命にインスタを更新したところで何か意味があるのかって思うことが多々あります。

その辺をちゃんとやっている、つまり、エリアを絞り込むとかどのような人をターゲットにしているかなど、ところもあるかと思いますが、そんなことよりも美容室の規模にもよりますが、ご近所づきあいとか挨拶回りを密にした方が遥かに建設的だと思います。

SNSを運用するまえに押さえておく問題はいくらでもあるので、そちらを解決できるならば運用はありだし、むしろやった方いいに決まっています。

とはいえ、SNS運用というか、ホームページすらも存在しない会社で働く私がいってもなんの説得力もないのですが・・・





鈴木祐「進化論マーケティング」




伊藤穰一「テクノロジーが予測する未来」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント