見栄を張るには健康あってこそ


人生100年時代なんていわれておりますが、60歳または65歳で引退したとして、とくに40代後半から50代前半の方、引退後「40年生きる現実」を想像できるでしょうか?団塊ジュニア世代である私には想像すら出来ません。国の社会保障制度も企業の制度も、確実に縮小することが明白であることを考えると老後は気にならない、という方が嘘のように思えます。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





「中小企業に歓迎されると思った」50代男性の嘆き 早期退職し転職先探すも声がかからない会社員

ということで、記事のポイントはこのようになります。


・早期退職の失敗
・役職定年への不安
・会話のない家庭
・少子高齢化が進んで財政が厳しい国の社会保障制度
・収益力が低下して高齢者の面倒をみられない会社
・寿命が伸びて定年後も長く生きる本人



何といっても最大のポイントは「50代男性の嘆き」であることは言うまでありませんが。


何事にも年齢は関係ない、なんていいたいところですが、現実には、とくに仕事、雇う、雇われる、起業も含めて、年齢は大いに関係あるでしょう。ないわけがない。

記事としては、フリーランスのすすめ、みたいな終わり方なのですが、それはそれでやりたい人は何でもやればいいでしょう。

仕事の場合に考えるべきは、自分の足許とでもいうのでしょうか、力量・実力といったものを高くも低くも誤解しない方がいい。

会社で仕事が出来るとか出来ないとか、私が思うにその殆どの要素は環境だと考えております。

基本的には、会社はいかに仕組みで回すか、みたいなところがあるので、属人的であればあるほどその会社はいずれ潰れるのではないかと思うわけでありまして・・・

まあ、こういった多くの悩みは、生活レベルを落とせないってところなんじゃないかと。つまりは、見栄の問題でしょう。所詮は。

見栄があるから家族にも何の相談すらできない。

学費ローンだの住宅ローンだの、払えないものは払えないわけで、そもそも学校にそんなに行く必要があるの?家も買う必要があるの?って話なんでしょうけれど、見栄があるからそれだけは絶対に言えないという。

そして、見栄もそうですが、最も気にすべきは自身の健康だということ。健康じゃなければ働けませんからね。





リンダ・グラットン「リデザイン・ワーク 新しい働き方」




三戸政和「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント