経験がものをいう


先日、ある美容室オーナーさんのあるプレゼンを聞く機会がありました。プレゼン内容は、「お店の売り上げアップ」をどうやるか?まあ、よくあるような内容ですが、その中でひとつ気になることがありました。以前ならば、何も考えずにスルーしていたことでしたが、今回は「何故だろう?」とふと頭に残りました。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





それは、「40代に入ってくると売り上げも頭打ちになり、中々売り上げが上がらなくなる」ということでした。

この「40代」がポイント。何故、40代なのか?

もちろん、前提として40代でもお店を伸ばしている人なんてザラにいるでしょうし、例外はいくらでもあるでしょう。

ただ、(事実かどうかは別として)感覚的にこのオーナーさんが言わんとすることはわからなくもない。確かに、40代オーナーさんで伸びているような感じがするお店は少ないような気もするし。

大抵は、30代でなんとなく決着が出ているような!?そして、忘れてならないのが、人を雇っているかどうか。

スタッフを抱えてスタートしたものの、紆余曲折あって一人でお店をやっているケースは多々ありますが、最初から一人で始める人は、ずっと一人のまま。一人でスタートして数年してスタッフを抱えているようなお店を私は殆ど見たことがありません。

年代で区切るのは、あまり好きではありませんが、それでも20代でやってきたこと、30代でやってきたこと、そして、その延長線上に40代があるわけでありまして。

40代となって何かに改めてとか新しく取り組むのは、思っている以上にハードルが高いものです。

独立して無我夢中で40代まできて、お店の状況がどのように本人の目に映るのでしょうか?

「あれ、こんなはずじゃなかった」なのか「このままの調子でやっていけそうかも」なのか。

結局、改めて何を気づいたかというと、40代は20代30代の経験の上になりたっているということ。

もっといえば、その経験の数とも。何を経験してどうのように乗り切ってきたか。

40代から新しいことに取り組むのが苦痛ではなければ、それは今までもやってきたから。苦痛を必要以上に感じるのであれば、それはやってきていなから。

これを最近の言い方に言い換えれば、どれだけリスクを取ってきたかってことなんでしょう。

何事も経験がものをいうわけです。





グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」




グレッグ・マキューン「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント