必殺のセールストークは存在するのか?


私が営業マンとして仕事をやりだしたとき、何が大変だったか。それは、何を話せばいいか分からないことでした。もちろん、自社の商品を取り扱っていてそれを売ることが仕事なわけで、そのためには、「コレ、買って下さい」で売れるはずもなく、そこで会社からはセールストークなるものを支給?されるわけです。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





とはいえ、いくらセールストークを展開しても実際に売れることなどありません。

私の感覚では、「このトークで買ってくれた」というものはありません。何となく、色々と話を進めているうちに買ってくれたってことが多いような感じです。

まあ、これは性格にもよるかもしれません。営業マンの中には、「このトークで売っている」と自負する人もいますし。


車、マンション、家電、アパレル、学習塾… 各業界の営業マンが明かす「私の必殺セールストーク」

商売の基本は物を売ることだが、黙っていても売れるような簡単な商売は稀。どんな業種の人も、必死のセールストークで物を売っている。色々な業界の営業マン/ウーマンたちに、セールスの“必殺フレーズ”を聞いてみた。(後略)


以上引用。


この記事、中々興味深いですねぇ。

まあ、人間考えることは大体同じようなもので、記事にあるようなものは(営業マンであれば)殆ど試すものですし、その中で自分の使い勝手とか成功記憶に基づいたりしながら、自分のトークの型のようなものが出来上がってくるんでしょうね。

記事の締めくくりに、

『セールストークには、業界によって、人によって、千差万別の種類がある。どんな商売にも通用する必殺フレーズなどそうそう無いということかもしれない。』

とありますが、それでも必殺のフレーズを欲しがるのも人間ってもので、だからこそ営業は口が上手ければならないみたいなノリになっているんでしょう。

少なくとも、私の経験では、トップセールスは皆、口が上手かったです。結果として上手くなったのではなく、元々上手かったってところがポイントであります。

だから、トーク(話)自体を聞かせることが出来てしまうわけで、そうすると「必殺のトーク」がなくてもいいわけです。

だからトップセールスのトークを真似するのであれば、その前提を踏まえて真似をすべきでしょうね。

前提とは、口が上手いってところと、聞かせ方が上手いってところ。

ここが分かっていてトークを真似して失敗しても落ち込む必要もないので。

とはいえ、それでも必殺のフレーズは欲しいものです。





ジョセフ・シュガーマン「シュガーマンのマーケティング30の法則」お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは




髙田明「伝えることから始めよう」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント