仕事が出来ない社員がいる会社


今の時代、「与えられたことしかしない社員」しかいない会社は、もう社員を守ることなどできない、なんてことを耳にします。そして、与えられた仕事をこなしているだけでは、会社は間違いなく弱体化して巡り巡って自分(社員)の首が絞まることは言うまでもありません。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





ホントそうだよなぁと。

と同時に、「与えられたこともまともに出来ない社員」を野放しにしている私の会社って一体どうなんだろうかと。

会社は、一人で出来ない仕事を複数の人で分業しているに過ぎません。それぞれに役割(仕事)があって、来る日も来る日もその役割を演じることが会社では必要とされます。

その役割を演じきれるかどうは、ある程度は会社が責任を待たなければならないと私は思っております。

つまりは、与えられた仕事が出来るようにしてやらなければなりません。

それでも実際は、出来ない人もいるのでその場合は会社にとっても本人にとっても不幸でしかないので、どこかでケリをつけなければなりません。しかし、今のご時世、一旦雇ってしまうと・・・アレなもんで簡単に解雇などできません。

そんな仕事の出来ない社員が私の会社にもいるのですが、そんな社員を見ている私もあまりいい気はしないものです。

もちろん、そんな社員が辞めたらといって私の条件が良くなるわけではないので、そんなことで気をもむことは無意味だと分かっているものの、とはいえ、感情で生きる人である以上は、やっぱりいい気はしません。

「仕事が出来ない」社員、と書きました。これはあくまでも私の会社が社員に求める仕事の話です。

仕事が出来るとか出来ないとかって意外と出来る人が出来ないと思っていたり、出来ない人ほど出来ると勘違いしている場合があります。

だからこそ仕事の達成条件やらノルマやらを用意してやればいいだけの話なのですが、それも私の会社は何故かやろうとしない。

いつも、いつも厳重注意という謎の指導を繰り返すばかりです。まあ、会社側からしてみれば、前述したようにこんなご時世ですし、人手不足の側面もあったりしてか、何もできないのでしょう。

で、そんな会社の姿勢のようなものが(仕事の出来ない)社員にも何となく見透かされているような面もあって・・・

与えられた仕事も出来ない社員がいるにも関わらず、何とか仕事が回ってしまうのも会社なんだろうなぁと最近つくづく実感しております。

とはいえ、そんなことが永遠に許される(つまりはいつかは潰れる)わけではないのですが・・・





アーサー・C・ブルックス「人生後半の戦略書 ハーバード大教授が教える人生とキャリアを再構築する方法」




安藤寿康「能力はどのように遺伝するのか 「生まれつき」と「努力」のあいだ」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント