どっちもどっち!?


私からして「こいつ、ホント何も考えてないなぁ」と思っている相手の口から、「あの人、ホント何も考えてなくてこまるんですよねぇ」と聞いたときに、これは一体どういう状況なのだろうかと思うことがしばしばございます。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





「何も考えてない人」の特徴や理由と心理、付き合い方、脱却する方法を紹介

自分が「何も考えてない人だ」「ちゃんと考えてる?」と言われれば、あまりよい気持ちにはなりませんし、周囲に「何も考えてない人」がいれば付き合い方に困ってしまうことがあるでしょう。

本記事では「何も考えてない人だ」と思われがちな人の特徴や、そう思われてしまう理由・心理を紹介。自分が「何も考えてない」と言われ困っている場合の脱却法や、何も考えていない人との付き合い方もまとめました。(後略)


以上引用。


以上のような記事や書籍をよく見かけます。私も以前は、このようなものから色々とそれなりに学ぶこともございました。

冒頭の内容ではありませんが、誰にしても他人に対して「こいつ、何も考えてない」は思うのではないかと私は考えております。

それは言い換えれば、私からして「こいつ最悪なやつ」と思っている人間にも周りにはちゃんと友達というかそれなりの人付き合いがあったりします。逆に、私よりも知り合いの数だけでいえば多いのではないかと思うことすらあります。

もしかすると、私が「こいつ最悪」と思っている相手も私のことを「こいつ最悪」と思っているのではないでしょうかね。

所詮はそんなもんでしょうから。

なので、他人のことをどうこう考えるヒマがあるなら自分が出来ることややりたいこと、やらなければならないことに全集中することが健全ではないかと思う次第です。

とはいえ、「こいつ最悪」や「こいつ何も考えてない」と思う人間が自分の上司や顧客だったら最悪であることは間違いありません。

しかし、相手も自分にそう思っているのも間違いないのではないかと・・・





平野啓一郎「私とは何か―「個人」から「分人」へ」




マルクス・ガブリエル「わかりあえない他者と生きる」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント