新たなシミ防止策の成分登場か!?


言うまでもなく、美肌には紫外線対策は欠かせません。なぜなら、紫外線は、皮脂の酸化(過酸化脂質)ばかりでなく皮膚内部にも活性酸素・フリーラジカルを生じさせます。しかし、皮膚には、これらの活性酸素・フリーラジカルを消去するための酵素性、非酵素性の抗酸化分子が存在しており総合的な抗酸化システムをつくっていいます。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





とはいえ、どういうわけか現実には加齢に伴い、優れたシステムも劣化することで、結果、シミとなってしまうのです。

もちろん、紫外線の防御反応であるメラニン生成は元々身体に備わった優れた機能ですが、それも加齢に伴い、日々行っている皮膚のターンオーバーがあったとしても酸化したメラニンが沈着してしまうわけです。

紫外線対策など講じなくてもシミひとつできなかったのが、まるでウソのように突然シミだらけになった顔を見て愕然とする人も少なくないでしょう。

現状の日頃のシミ防止策としては、「日焼け止め、保湿、レチノール」といったところですが、以下はそこに新たに食い込むことができるのでしょうか!?

是非とも期待したいところです。


ヒオウギエキスにシミ発生抑制作用

紫外線による肌へのダメージは知られているが、庭植えや生け花材料として身近な存在のヒオウギのエキスが紫外線によるシミ発生抑制作用がある可能性があるのが知見された。ロート製薬が2023年11月15日発表した。

紫外線による肌への影響について研究している同社は、今回シミ形成のメカニズムに着目。ヒオウギエキスが発生した活性酸素種(以下、ROS)を消去する力が高いこと、また紫外線ダメージにより発現が高まるエンドセリン-1およびプロスタグランジンE2を抑制することを発見した。同社は「ヒオウギエキスには、紫外線によるシミ発生を抑制する作用を持つ可能性が示唆した」としている。(後略)


以上引用。


(参考)『ヒオウギエキスの紫外線によるシミ発生抑制作用を発見紫外線による肌への影響に関するメカニズム研究成果





モンティ・ライマン「皮膚、人間のすべてを語る」




椛島健治「人体最強の臓器 皮膚のふしぎ」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。


コメント

非公開コメント