相手の「力」に依存しないためにも


我社の商品を使っていただいている美容室(既存客)には、その商
品を使うことにより、お店が更に伸びていけるように取り組む。取
引のない美容室(新規客)には、取引してもらうように、営業をか
けていかねばなりません。


美容メーカー、ディーラーが美容室に商品を導入してもらうために、
よくやるのが店内勉強会です。

勉強会というより商品説明会です。もっと言えば美容メーカー、デ
ィーラーの商品販売会です。


美容室の「体力」と「売り上げ」は、当たり前ですが比例します。

元々、「力」のあるお店は、どんなモノを扱っても、そこそこ売っ
てしまいます。

ですが、自分の「力」以上の結果は出せません。

売り上げを今以上に伸ばそうとすれば、今以上に「力」をつけるし
かないのです


単なる説明会であれば、その美容室の「力」以上に商品が売れるこ
とはありません。

ですから、美容ディーラーとしては、大型店舗や多店舗展開してい
る美容室に商品を卸したいわけです。

大型店舗や多店舗展開している美容室に限って、「商品の値引きが
どうだ」とか「キックバックがどうだ」とか、こんなことばかり言
ってきます。


美容業界におけるサービスは、“値引き”と“おまけ”をどれくら
いつけるかです


美容メーカー、ディーラーも商品を取ってもらいたいから、その要
求に応じるのです。

別に、このやり方を否定するつもりはありません。

それぞれに、やり方は存在するわけですから。

ですが、値引きや“これだけとるからこれだけまけろ”では、キリ
がないのも事実


いくら材料の価格を抑えたところで、「力」がなければ、お店の売
り上げを上げることはできません。


私の会社の方針は、「一切値引きなし」です

その代わりというのもおかしいのですが、「力」を付けるために勉
強会を行います。

教育を主体として、お店(そこで働く人)を伸ばす」ための勉強
会を行います。


相手の力に依存するのではなく、その力をもっと伸ばすように、教
育を主体としてお店を伸ばしていくのです


「力」さえつけてしまえば、どんなモノでも売ることが出来ます。

「力」がないから、いくら広告による集客をしても、ザルのごとく、
お客を失客させてしまうのです。

美容室は、黙っていてもお客が来店してくれます

美容室はこの事実に無頓着というか感謝がありません

だから、お客を大事にしないと思うのです。

特に集客をすることなく、来店するお客に再来店してもらえるよう
に、最大限に気をつかって接客するだけ。

徹底的に失客率を減少させていけばいいのです。

では、失客させないようにするにはどうするのか?

残念ながら、これをやれば大丈夫というものはありません。

一つ言えることは、「いかにお客に満足してもらうか、喜んでもら
うか」を意識してやるということに尽きます


そのためには、経営、営業、技術、理論、カウンセリングといった
ものを、学ぶ必要があるわけです。

その一つ一つを勉強会の中で消化していき、「力(能力)」をつけ
ていくのです。



参考に「失客させないために何をすべきか」も読んでみて下さい

コメント

非公開コメント