経世済民


三橋貴明さんのブログ「新世紀のビッグブラザーへ」はご存知でし
ょうか?数年前から読み始めました。当初はなんのこっちゃ?とい
う感じで全く理解できませんでした。ところが、面白いもので、分
からないなりに数年“毎日”欠かさず読むと分かってくるもんです。


内容が分かるようになってから、政治、経済、財政、世界情勢に一
段と興味を持つようになりました。

毎日、更新されているのが私にとっては大変な魅力でした。しかも
読んでみれば分かりますが、これだけの情報量を無料で提供してく
れています。

このブログのキーワードが「経世済民」なのです。

国民全体が豊かになる「経世済民の国家」を実現する経済とは「経
世済民」、つまり「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」こと。
経済は本来「国民を豊かにする政策」のためにあるべきです。
(「新」経世済民新聞より)

私も美容室、とくに個人経営美容室のコンサルタント(あくまで自
称ですが)を行っている立場ですから、「経世済民」は外せないの
です。

「どうやったら美容室がよくなるか?」が私の“命題”です。

三橋さんのブログでは、「日本をよくする、豊にする」となるので
しょうか?

ですから、日本の政治、経済の状況を知ることは必須なのです。

その状況を変えることは出来ませんが、関心をもち事実を認識して
物事を判断していくことは可能です


状況を判断するということで、三橋さんのブログから以下の記事を
紹介します。


平成の過ちを繰り返すな!

平成の過ちとは? 厳密には「平成政治」の過ちですが、「緊縮財
政」「規制緩和」「自由貿易」というグローバリズムのトリニティ
路線
です。

政府の役割を小さくし(必然的に緊縮財政)、安全保障やデフレー
ションを無視してビジネスの市場を拡大。市場に新規参入した企業
が儲け、配当金がグローバル株主に配られる。

反対側で、国民は疲弊、貧困化。若者は所得が伸び悩み、結婚でき
ず、少子化が進む。

国内の所得の合計(GDP)は低迷し、それでも高所得者は出てく
るため、先日のチャンネル桜、【Front Japan 桜】均衡財政期の不都
合な真実 / MMT VS 財務省[桜R1/5/10]
で、佐藤健志先生と話した
ように、増大しない所得のパイを奪い合う残酷な「椅子取りゲーム」
が続く


日本以外の国は先進国を含め経済力を拡大していったにも関わらず、
日本のみがGDPが増えない。世界随一の落第国と化した、我が祖


これが、平成政治の過ちです。(後略)

以上引用。


初めて読まれる方、どうですか?

率直な感想として、よくわからんでしょう?

ところが、これを毎日毎日、何年か読んでいくとわかるようになる
のです。不思議なもので。

要するに、主要先進国で日本のみがこの20年以上GDPが増えていな
いということです。

日本は経済成長していなのです。

この状況を三橋さんは「増大しない所得のパイを奪い合う残酷な
「椅子取りゲーム」が続く
」と言っているわけです。

但し、GDPは低迷していますが、それでも高所得者は出てくる

その反対側で、ある国民は疲弊、貧困化。若者は所得が伸び悩み、
結婚できず、少子化が進むという状況になっている
わけです。

所謂、所得格差が拡大しているということ。


この状況をまた別の角度から指摘している人がいます。

2ちゃんねるの開設者「ひろゆき」こと西村博之さんです。

ひろゆきさん「これからを生きるための無敵のお金の話」からその
一部を抜粋します。




なぜ格差は広がるのか?

僕は近い未来、日本で暴動が起きる気がしています。お金を持って
いる人とお金を持っていない人の格差が広がっているからです。


その格差は今後も拡大し続けることがほぼ確実視され、若い人たち
がいつまでたっても報われない社会が出来上がってしまったからで
す。

今の社会は、大雑把に言うと、誰にでもできる仕事をしている人
80%に対して、その人にしかできないような仕事をしている人が
20%いる
 ― そういう感じだと思います。

そして、その20%の優秀な人たちの仕事量がどんどん増えていって
います。両者の年収はどんどん開いていき、優秀な20%の人たちが
年収1000万円で、そうじゃないふつうの人たちは年収100万円とい
う時代が、すぐそこまで迫っています。

(中略)

稼げる一人に対して、誰でもできる仕事をする人が90人とか、99人
とかの社会になりつつあって、今後この状況はますますエスカレー
トしていくでしょう。これを悪化と呼ぶのか進化と呼ぶのか僕には
わかりませんが。

これまで「中流」と呼ばれ、日本人の大部分を占めていた80%のヴ
ォリュームゾーンが、なくなっていくのです。そしてこの流れは、
放っておいたら、もう止められない。


優秀な人が、年収1000万円で、ふつうの人は、年収100万円!
日本人の80%のヴォリュームゾーン「中流」が、消滅していきます。


以上引用。


これが現実ということです。“政治のせい”とか“政治家が悪い”
と言ってしまえば、それまでです。

一人一人がこの事実を事実として認識して、ならばどうしていくべ
きかを建設的に考えなければならい
と思うのです。

殆どの人間が、“関係ないから”とか“考えてもわからんし”とい
うように考えること思考することをやめてしまいます。

三橋さんにしてもひろゆきさんにしても、「ならばこうすべきだ」
ということを色んなところで発信しています。

自分には無理と考えずに、自分にしか出来ないヤルベキ事を明確に
してやらなければならないと思います。

これからの時代は、自分自身の頭で考え、試行錯誤の積み重ねによ
り、自分でその答えを導きださなければなりません


誰も教えてはくれないのですから。

自らに問題を提起し、その解決を考え導き出す力こそが、これから
の時代に求められる
のですから。


【関連記事】
無知はもっと高くつく

コメント

非公開コメント