恐怖のドローダウン

2008年は、システムトレードの当たり年でした。

ちゃんと利益も出ましたし。

ところが、2009年からは、システムは絶不調となりました。

所謂、ドローダウンというやつです。

ドローダウンというのは、一言でいうとシステム不調期のことです。

連敗が続くのです。

このドローダウンに耐えることができずに、殆どの人がシステムトレードを

止めてしまうのではないでしょうか?

当たり前ですが、常に勝ち続けるシステムがあれば誰だってやりますよね。

ですが、システムトレードの宿命であるドローダウンがなければ、逆に、

プラスにはならないのですよね。

言葉としては、ドローダウンに入る、ドローダウンを抜けると言います。

2009年は、まさにドローダウンに入りました。

それがなんと、2013年まで続くのでした。