仕事を増やす

私は、美容室に営業に行っているわけですが、
当然、自社の商品を買ってもらわないといけません。
民間企業は、利益を出してなんぼですからね。

で、現状、商品を使っていただいているサロンには、
もっと使っていただけるようにしたいわけです。
まだ、取引のないサロンには、使っていただけるように、営業をかけているわけです。

そこで、よくやるのが店内での勉強会です。
いわゆる、商品説明会ですね。説明会という名の、商品販売会です。

これって、いくら説明会を開いたところで、先が見えてるわけです。
サロンの体力と売り上げは、比例しています。
つまりは、元々、力のあるお店は、どんなものでも、そこそこ売ってしまうのです。

これは、店販商品のみならず、技術でもそうです。
同じ、技術ですが、お店ごとに価格は、異なっています。
(実際は、どこも同じような価格帯ですが・・・)

とすると、相手の力に依存するので、先が見えてしまうのです。
永遠に、新規開拓を続けていかないとだめなんです。
(もちろん、全くやらないのはもってのほかですよ)
そこで、商品説明だけやっていては、先がないのです。

とくに会社から言われているわけではないのですが、
商品だけではなく、いろんなことを教えていこうと考えたのです。
もっともっと、やる気になってもらうわけです。

もちろん、直接美容と関係ないことも出てきますので、嫌がられるサロンは、います。
なので、訪問時のコミュニケーションが大事になってくるわけです。
単に、説明や配達みたいな感じだったら、お店に行く必要がない。

自分にしかできないことはないだらろうかと考えて、
「そうだ!いろんな事話せばいいんだ」となりました。

経済の状況、需要と供給、歴史、科学等々。
今のお店の状況となかば強引に結び付けてやっているのです。

当然、適当な事を言っていったり、興味をもってもらわなかったら、アウトなので、
知らない事は、勉強するしかありません。
勉強したならば、後は、話すだけです。

ということで、たまにですが、どんな感じのことをやっているかも、
今後は、記事にしていこうと思います。