伝わるということ


”どんなに良い商品でも売れない”
これは、我社の社長からの教えです。
この言葉は、私の営業をする上で、大事な心構えですね。


殆どの人が、良い商品または技術でも構いません。
さえ作れば、必ず人が集まり売れていくと考えています。
当然、私自身も社長から教えてもらうまでは、そう思っておりました。

ですので、会社に入り、自社の商品の説明を聞いた私は、当時ですね、
「こんなにいい商品があるんだぁ~」と感心したのを覚えております。

とこれが、いざ、その商品を引っ提げて営業に回ったところ・・・
けちょんけちょんです。

「そんなに凄かったら、どこでお置いているだろう」
「うちも、それ以上にいい商品を扱っている」
等々数えきれない切れないほどの、NOを食らいました。

それが、商品に対するNOでなないということの、
本当の意味を知るのは、かなり時間がかかりました。

当然、営業のイロハも会社から教えてもらっていましたので、
頭では、商品に対するNOではないとわかっていましたが、
その時は、そんな余裕はなく、以下のように考えいました。

『他の商品を扱いたいなぁ~』

ですが、徐々にですが、そのNOが自分自身に対するものなんだと、
わかりはじめていきました。

ですので、どんなに良い商品でも売れないのです。
それを、伝える人がいないかぎりは。

大事なことは、”いかに相手に伝わるか”です。
ほんとうに、商品の良さを伝えることができれば、
必ずその商品は、売れると思います。


伝わることの大切さと言えば、この方しかいないでしょう。
髙田明さんです。
よかったら、以下の本も読んでみてください。

伝えることから始めよう

新品価格
¥1,728から
(2018/9/23 20:08時点)