脳の仕組み


脳科学の進歩は、目を見張るものがありますよね。
脳の仕組みもどんどん明らかになっていますよね。


例えば、インプットとアウトプット。
これは、どうやら、脳で使う部位が違うそうなんですね。
だからこそ、インプットさえすれば、アウトプットできるとうわけではない。
アウトプットは、やらないとその脳の部位が鍛えられないそうです。

私にとっては、衝撃的だったのが、
『人間の脳は信じる方が気持ちいい』ということでした。
これは、集団を形成・維持する機能の一つだそうなんですね。

元々が、人間の脳は、自分で判断を行うことが負担で、
それを苦痛に感じる特徴を持っているそうで・・・

人は、自身の中で矛盾する認知を同時に抱えて、不快感をおぼえると、
その矛盾を解消しようと、都合のいい理屈をつくりだすことが、
知られているそうなんですね。

いったん「これは正しい」と思い込んだことが、後から「間違っている」と
証拠を突きつけられた場合、人間の脳は「言い訳」の理屈を考えだし、
何とか間違いを認めずに済むようにしようとするそうです。

つまり、何かを信じたら、そのまま信じたことに従い、自分で
意思決定しない方が、脳に負担がかからずラクだということ。

これこそが、性格を変えることの難しさでは、ないのでしょうか?
自分で、変わらないことを、決定しているから。

とはいえ、また逆もしかりで、”変わる”と信じて、決定して
毎日を過ごしたならば、変わることも可能ということだと思います。

とにかく、思考停止にならないように、日々、考え続けないとですね。

今回の記事は、下記の本より引用させてもらった部分がかなりあります。
かなり、面白い本でしたので、是非読んでみて下さい。

サイコパス (文春新書)

新品価格
¥842から
(2018/9/29 09:45時点)