自分の仕事の価値を自分に問いかける


美容メーカー、ディーラーの営業マンは、コロナ禍の今、何を考えながら日々の仕事に取り組んでいるのでしょうか?コロナ禍以前から、美容室に対して営業マンの果たすべき役割は徐々に変化していました。とくに美容ディーラーに限って言えば、商品の配達、集金、新商品の説明だけであれば、コロナ禍では営業マンがやる必要性がなくなりました。

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





仮に、コロナ禍が収束したとしてもそのような仕事を営業マンが再びやる必要はないはずです。

私からすれば、商品の配達、集金などは煩わしいものであり仕事の“ようなもの”ですから、それを望む美容室には、逆にコロナを利用して、今後一切しなくていいように取り組むことが出来ます。

コロナによって、考え方次第では、煩わしい仕事から解放された、とも言えますし、そして、コロナによって営業マンは、否が応でも本質的な仕事に向き合う必要が出てきたとも言えます


営業マンが、あれだけ足を運んでいた美容室に足を運ばなくてもコロナ以前のように商品の注文だけはちゃんときます。もちろん、緊急事態宣言、自粛要請によって人々の行動が制限されるので、美容室への来店も減ることで注文の変動はあります。

でもそれは、美容室に限らず全体的な話で、注文の変動が営業マンのフォローの有無とは限りなく関係ない


私のメインの仕事は、美容室向けの店内勉強会(という名の販売促進会とも言えなくもない?)なのですが、幸いなことにコロナ禍にあっても殆ど影響なく続けることが出来ました。


私にとって、これはかなり意外なことでした。何故なら、コロナを言い訳にして相手から勉強会中止をお願いされると考えていたからです。

厳密に言えば1軒からは中止の打診がありました。がしかし、新しく始めるところも出てきたり、こちらから意図的に断ることもしました。

コロナ以前より勉強会は取り組んでいましたし、勉強会の必要性を相手が感じていてくれているはずだと思ってはおりましたが、正直なところ不安はありました

結果的にコロナによって、私としては、勉強会は必要な仕事だと思えるようにはなりました。

但し、必要な仕事とは書きましたが、あくまでも勉強会が相手にとってお店運営において必要性を感じている場合に限ります。

中には、心の支え的になっているお店もありましたから。

別に私は、メンターとかではなく、美容メーカーの営業マンであってそれ以上でもそれ以下でもありません。

メンタルを支えるような勉強会をやっているつもりなどなく、美容室の売上に貢献すること、そして、自社商品が売れていくことが目的なのです。

これもコロナによって明確になった点かもしれません。私も意味もなく勉強会を連発していたようです。


ただ、自分が考えていた以上に今までやっていた勉強会というものが、どうでもいい仕事ではなかったのかもしれません

欲を言えば、私の勉強会によって美容室もうちの会社も業績が安定出来ればよかったのですが、現実はそう甘くはありません。

私の勉強会ごときで業績が安定させられると考えることこそが傲りでしかないのですが・・・


コロナ以前であれば、自分のやっている仕事の意味や周囲に与える影響など考えることなど確かになかったかもしれません。


飲食店のように仕事をしたくても出来ない人もいる。

テレワークによって、実は会社には必要ないサボリーマンが半分くらいくすぶっている実態があぶり出されてもいる。

とういことで以下をどうぞ。


世の中は「クソどうでもいい仕事」で溢れている…コロナ禍で気づいてしまった人たち

自分の仕事には意味がない。世のため人のためにもなっていない。コロナ禍の中で、そんな事実にふと気づいてしまった人たちがいる。見渡せば、世間はそんな「クソどうでもいい仕事」ばかりで……。(後略)


以上引用。



なんとも興味深い話です。

今、自分が取り組んでいる仕事を大きく見積もることもなく、小さく見積もることもなく、正面から向き合ってこそ、仕事の価値を自分に問いかける、というか問いかけざるを得ない状況がコロナ禍でもあるように思えます





山口周さん「ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行
動様式」





人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





【関連記事】
何かをしていれば仕事をしていると見られる?

仕事を増やすが善であり仕事を減らすが悪に陥っていた私

これから問われる働く理由

コメント

非公開コメント